サムライ 世界で戦う日本人選手

イチローという世界で闘い続ける日本人

イチロー

単独で世界へ飛び立ち、挑戦し続ける日本人がいます。誰もが一度は耳にした事があるその人の名は、イチローです。イチローは、1991年ドラフト4位でオリックスに入団しました。恩師である仰木監督に才能を見出され1994年より一軍で大活躍を始めました。満を持して、2000年に日本人初の野手としてメジャーリーガーとなりました。2016年には、日米通算4300安打を達成しています。

アジア人としては、初のメジャー3000安打も達成しました。2017年現在は、マーリンズに所属し、フル出場の機会にはあまり恵まれていません。43歳という年齢を「肉体の限界ではないか」と見る人も多い中、良い意味で期待を裏切り続けるイチローです。まじめに練習に打ち込む姿、ルーティンワークを黙々とこなす姿を見せる事で、チームメイトにも良い影響を与え続けています。

その真摯な努力に裏打ちされたプレーは、敵味方を問わず、多くのファンに勇気と感動を与えています。カブスを退団した川崎選手が、オフに日本で一緒に自主トレをしていると嬉しそうに話していました。プレーで野球ファンだけではなく、多くの人を魅了し続けている稀有な日本人です。

世界的な名誉あるリーグで戦う日本人選手・本田圭佑

本田圭佑

欧米諸国やアフリカ諸国と比較したとき体力的に決して恵まれていない日本人が、プロスポーツの分野で活躍するのは容易ではありません。そんな中イタリアサッカーリーグの名門に所属する本田圭佑選手は、稀有な存在です。かつては世界的に有名な選手が多数在籍しており、まだ強豪とは呼べない日本からエースナンバーの10番を背負ってプレーするプレッシャーは大変なものでしょう。

難しいフリーキックやロングレンジからのシュートなどを決めており、気持ちをコントロールできる強さを持ち合わせています。イタリアと日本という文化的背景が違う国で活躍するのは、見ている以上に困難なはず。

それにもかかわらず不満を表すことなく努力する姿勢は立派です。加えて恵まれない国を訪れサッカーを通した支援も行っており、世界で活躍することの意味を教えてくれます。幼少期からセリエAでプレーする夢をもっていたようで、それを実現した日本人として子供たちの希望になるでしょう。

日本のプロ野球とサッカーは人気スポーツ

人気スポーツ

プロ野球とサッカーは、日本でとても人気の高いスポーツです。近年は、海外で活躍している選手も多く、人気は右肩上がりです。サッカーはワールドカップに連続して出場していて、野球はWBCで高成績を収めています。特にサッカーは、物凄い勢いで成長しています。人気スポーツランキングでも、常に上位にいます。

サッカーは主にヨーロッパに移籍して世界を相手に戦う選手が多数います。野球はメジャーリーグへ挑戦して、高成績を納めています。ヨーロッパやアメリカへの移籍が、憧れから現実になりました。今後は海外移籍して活躍する選手が増えていくことでしょう。
サッカーと野球の詳しい情報はこちら

世界を驚嘆させた日本人といえば北島康介

北島康介

これまでに水泳選手として圧倒的な実力で世界を制してきた日本人北島康介は、類稀な美しいフォームと強い脚力で高い知名度を誇っています。オリンピックでは平泳ぎで100メートル、200メートルの両方の種目で金メダルを勝ち取りました。連覇も果たし、世界中の水泳ファンたちの間でもリスペクトされている存在となっているのです。日本人として前人未到の平泳ぎ連覇は、多くの国民に勇気と感動を与えてくれました。彼によって元気付けられた人は非常に多く、小さな子供からお年寄りまであらゆる世代からも親しまれているのです。

さらに、才能はもちろんですが、彼は毎日の練習で常に努力を惜しむことなくトレーニングを続けてきました。その必死の努力があったからこそ世界で戦える強靭なボディとメンタリティを身に付けることができたといえます。このように、北島康介は、練習に臨む真摯な姿勢も含めて世界各国の人々から絶大なリスペクトを得ているのです。